整形の不安は調べて解消|プチっと二重に整形するなら|おめめパッチリが現実に

プチっと二重に整形するなら|おめめパッチリが現実に

女の人

整形の不安は調べて解消

目元

ダウンタイム

技術や手術方法の進化で手軽に整形ができるようになり、若い子達から特に評判なのが、埋没法というメスを使わない二重整形です。体に優しい特殊な糸で、まぶたを2箇所か3箇所とめることで二重整形をするというもので、手術時間が短く料金が安く人気のようです。どんな整形にもダウンタイムという、手術によるダメージが回復するまでの期間が、多少はあるものです。メスを使う目頭切開という二重整形は、3日から7日ほどのダウンタイムがかかりますが、埋没法は2日から3日という短いダウンタイムのため、早く日常生活に戻れます。このダウンタイムの長さは個人差はもちろんですが、クリニックによるアフターケアによっても変わってきますので、クリニックの評判を参考にしましょう。また、ダウンタイムを考慮して仕事の休みを調節したり、めがねで目元の傷や腫れをごまかすなどの対策もしておくと良いでしょう。

仕上がりで手術方法を選ぶ

ダウンタイムの短さや手術料金の安さから埋没法が選ばれていて、仕上がりが自然なことから術後に周囲からばれにくいと評判です。よりぱっちりとした大きな目になりたいという人は、目頭切開で蒙古ひだを取り除くという手術になります。蒙古ひだは眼球の近くにあり、それを取り除く手術は医師の高い技術力が必要となってきますので、信頼できる医師かをしっかりと見極めましょう。クリニックによって設定料金はかなり変わってきますが、高いから技術力がある、安いから技術力が無いというわけではありませんので、周囲やネット掲示板などの評判を参考に、適正価格かどうか判断したうえで、自分で納得して二重整形を受けることが大事です。カウンセリングを受け、自分のなりたい目の仕上がりを的確に伝えたときに、医師がどの方法の二重整形を勧めてくるか、手術内容やリスクの可能性やアフターケアについて、きちんと説明してくれる医師は信頼できるでしょう。